メニュー

クリーニング・歯石の除去

woman (6)

 歯はなぜ毎日毎日磨かなくてはいけないのでしょう?

歯を磨かない、もしくは磨き残しが付着したままになっていると、その磨き残しの内部では、細菌が次第に繁殖し、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌集団に変わります。その歯垢はベタベタと歯に粘着しているため、うがい薬などで洗い流すことはできませんし、飲み薬等では殺菌できません。

ご存知の方も多いですが、歯垢は虫歯や歯周病の原因です。逆に言えば、毎日清潔にしていれば決して虫歯や歯周病になることはありません。

なので毎日の歯磨きと定期的なクリーニングで歯を清潔に保つことが必須なのです。

 

ではなぜクリーニングに通う必要があるのでしょう?

歯石とは、歯垢に唾液のカルシウムやリンなど結合して硬化し、歯と結合してしまったものです。歯石自体に病原性はありませんが、歯石は軽石のように小さな穴や表面が凸凹しているため、歯石のついた歯の表面を住みかに細菌がさらに繁殖してしまうのです。その繁殖した細菌は、歯茎(歯肉)の炎症を引きおこし、歯茎を腫らせ、歯を支える骨をも溶かす歯周病の原因となる毒素を排出します。歯周病は放置しておくと、歯が抜け落ちてしまうだけでなく、糖尿病や、心臓疾患、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗鬆症、早産など、全身の健康状態に悪影響を及ぼすこともわかってきています。

そのため歯周病を未然に防ぎ、改善することが大切なのです。

当院のクリーニング・歯石の除去

歯石の除去は通常1回で終了しますが、歯石が多い場合や、着色が強い場合、歯茎の奥まで歯石が付いてしまっている場合など数回の通院が必要になる場合があります。

当院では、歯科医院やクリーニングが苦手な方にも積極的に通っていただけるよう、歯に強い超音波振動をかけないよう、また機械でなく手動の器具でとれるものはそれを優先して使用し、できるだけ快適なクリーニングを目指していますが、定期的な歯石の除去をお薦めしています。それは強く硬化した歯石の除去にはどうしても強い振動、パワーがかかりやすいためです。担当医がひとりひとりのお口の状態に合わせて、適切な通院間隔を提案いたしますので、まずはご相談ください。

早めの定期受診で、快適なクリーニングと、爽やかなお口を。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME