メニュー

ブリッジ

無くなった歯を放置しておくと、歯並びが悪化したり、健康に害を及ぼしたりする恐れがあります。

当院では、無くなってしまった歯を補うための、治療をお薦めしています

歯の補完については、一般的には入れ歯(義歯)や、ブリッジと呼ばれる隣の歯を支えにして金属をかぶせる差し歯があり、基本的に健康保険が使用できます。

  入れ歯ブリッジインプラント
  入れ歯 ブリッジ インプラント
  歯の両側にワイヤーがあります(部分入れ歯) 抜けた歯の両隣を削り、かぶせて固定します 人工歯根を植え込みます
メリット
  • 安価で導入しやすい
  • 隣の歯を削らない
  • 入れ歯に比べて見た目、口腔内の違和感が少ない
  • 一番自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 見た目、口腔内の違和感もほとんどない
  • 周囲の歯に全く負担を強いないため、隣接歯のサポートの役割をも果たす
デメリット
  • 咬合時の違和感が比較的大きく、また咬む力が弱まりやすい
  • 金属のバネ等により見た目が損なわれやすい
  • バネをかける歯に動揺をきたしやすい
  • 隣接する健康な歯を削る場合が多い
  • 被せた歯の負担が増え、破折等を引き起こしやすい
  • ダミーの下が、食べかす等つまりやすく、不衛生になりやすい
  • 手術が必要(基礎疾患などにより手術を受けられないことがある)
  • 健康保険が利かない

それぞれに違ったメリット、デメリットがあります。選択の際は、よくよくご相談しながら、検討していきましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME