メニュー

ホワイトニング

woman (9)ホワイトニングとは、一般的には黄ばんだ歯を白くする手法を指しますが、ホワイトニング剤と呼ばれる、薬によって実際の歯質を白く漂白する手法全般のことを指します。

山歯科医院では、その他にも歯のマニキュアや、ダイレクトボンディング、ラミネートべニア、セラミッククラウン、様々な手法により、患者様一人一人のご希望の審美性を追求します。

当院でおこなうホワイトニング

当院では、カウンセリングを行い、クリーニングによって歯の汚れを取り除いた後、ホワイトニングをいたします。

歯の状態によっては効果が出にくい場合もございますので、その場合は、他の手法との併用をご提案する場合がございます。まずはカウンセリングにてご相談ください。

1.walking bleech

walking bleechとは、黒く変色した失活歯(神経を取られた歯)の内部に漂白剤を入れたまま仮封し、内側から歯をホワイトニングする方法です。効果の程度はある程度の差があるものの、歯を無駄に削ることないため、残った歯にも優しい治療法です。初回の貼薬の後、2週に一度程度、薬の交換を行います。

当院で行った実際の症例です。約一か月半程度にわたって4回の薬の塗布を行っています。歯の根元にやや着色が残りましたが、患者様には大変満足していただけました。

DSCN0341DSCN0417

 2.home whitening

ホームホワイトニングとは、自宅にてマウスピースにホワイトニング剤を塗布し、一日2時間以上、通常2~3週間装着して、前歯を中心に広範な歯牙漂白を行うものです。

山歯科医院では、ホワイトニング最大の弱点である知覚過敏が出にくく、また就寝時使用しても唾液に漏出しにくいため不快感が極めて少ない、opalescenceによるホームホワイトニングをお薦めしており、好評を頂いております。患者様一人一人に合わせて薄いマウスピースを作製し、違和感の出ないように調整し、使用法についても詳しくお伝えいたします。もし万が一途中で知覚過敏等の不快症状があらわれても、対応いたしますのでご安心ください。

またホワイトニングの効果はおよそ3~6か月程度で歯面に再着色が見られてくるため、薬剤のみ購入を頂き、その都度わずかなリタッチを行うことで明るい色をキープすることを推奨しています。

DSCN0335

 

 

 

 

*opalescenceは審美歯科の本場アメリカで、米国歯科材料評価機関REALITYの5つ星を1993年から連続受賞している、実績と信頼のホワイトニングブランドで、幅広い適応と効果、ホワイトニング後の色戻りが少ないことが実証されています。

 

 

 

3.office whitening

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME