メニュー

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌によって歯茎(歯肉)が炎症を起こし、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされてしまう病気です。

歯茎から出血がある、歯がぐらぐらする、歯が痛い、咬むと違和感がある、膿の味がする、口臭を感じることがある、など

これらは歯周病の症状のひとつです。当てはまるものはありませんか?

歯周病の原因

歯周病の原因は、特に歯と歯茎の境目部分の溝(歯周ポケット)の磨き残しです。磨き残しは細菌のエサになるため、細菌が繁殖し歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりとなり、一度できてしまうと、うがい等で簡単には洗い流せなくなります。歯垢中には何億個もの細菌が繁殖していますが、その中でも特に歯周病を引き起こす歯周病原菌が強く繁殖すると、周囲の歯茎が炎症を起こし、歯周病になってしまいます。

また歯垢を放置すると、硬くなり歯石となります。歯石になってしまうと、歯磨きで除去することができず、さらに菌が繁殖します。特に歯周病になると歯周ポケット内の奥深くに歯石がたまるため、今度は歯を支える骨が溶け、最終的には、歯が抜けてしまいます。

歯周病の検査・治療

歯周病は、虫歯と異なり、痛みなどの自覚症状が出にくく、自分では管理できないため、残念ながら気づいた時にはもうかなり進行してしまっていることが多くあります。しかし歯周病は定期的な検査と然るべき処置により、予防することが可能な病気です。

当院では、定期検診を受診していただいた方には、歯周ポケットなど歯茎の状態や、レントゲンにて歯槽骨の状態、歯の清掃状態の変化や、歯垢が残りやすい不良な詰め物、咬み合わせ等の、定期的なチェックを通して、歯周病の発症を未然に防ぐ取り組みをしています。また検査の後には歯垢(プラーク)の除去、歯石の除去、予防指導などをおこなっています。

歯周病は気づきにくい病気ですが、早期に治療することで、健康的な状態に戻すこともできます。できるだけお早めに当院へご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME