メニュー

虫歯の治療

surgery-main虫歯とは、歯垢(プラーク)中の細菌が砂糖のような糖質を酸に変えて、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく現象です。

虫歯の治療については、その進行度合いによって、治療方法が異なります。

初期の虫歯治療(CO)

フッ素を塗ったり、詰め物(シーラント)で歯の溝を埋めて、これ以上悪くならないための処置をおこないます。

 適応:着色や白斑のみで、歯に穴は開いていない状態

軽度~中等度の虫歯治療(C1~C2)C1

この段階ではまだ何の症状も出ていない場合がほとんどですが、初期虫歯が進行して、実際に穴が開いてしまった状態です。

虫歯部分を丁寧に削り取り、その穴を詰め物により補修をおこないます。

詰め方には種類があり即日のもの、型取りをして後日詰めるもの、また保険適応のものと、適応外のものがあります。

 適応:まだ神経にまでは至らない虫歯

中程度以上の虫歯治療(C3)C3

歯が急に痛みが出したり、しみる症状が急に強くなった、そんな症状が出た時は虫歯が、歯の内部の神経(歯髄)まで進んでいる場合が多くあります。ここまで進行した虫歯は神経に細菌感染がおこり、強い炎症を起こすため痛みが出ることが多いのですが、症状はなくてもすでに神経が傷んでしまっていることもあります。

治療の際は、虫歯部分を取り除くと同時に、感染を起こしている神経を除去します。その後は内部の感染を除去するために、数回にわたって根っこの治療(根管治療)を行った後に、型取りをして被せものや詰め物を作っていきます。

 適応:症状にかかわらず神経にまで進行した虫歯、かつ抜歯には至らないもの

重度の虫歯治療(C4)

虫歯がさらに進行すると、神経が完全に壊死するため、症状は出にくい状態になります。もちろん症状が出ないだけで虫歯は進行して、歯肉の下で歯の根っこ(歯根)にまで広がっていくので、非常に危険な状態になります。

治療の際には、まず歯の根が残せるように、丁寧に虫歯を除去していきます。しかし残った歯が薄くなりすぎる場合や小さすぎる場合、または歯肉の奥深くにまで及んでしまった深在性の虫歯の場合は、なんとか一部の歯の根を残して被せものの土台にできないか慎重に検討していきますが、熟慮の末、抜歯という診断をせざるを得ないこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME