メニュー

顎関節症治療

surgery-main顎関節症による顎の痛み顎関節症の主症状として以下があります。

  • 口を開ける時、音がする
  • 口が大きく開かない
  • 顎の関節に痛みを感じる

特に、痛みがある場合は、早期の治療が必要となります。治療方法には種々あります。

顎関節症の原因

要因としては、主にかみ合わせのズレ、歯ぎしりや噛みしめ等の習慣、ストレスなどが考えられます。

顎関節症の治療方法

顎関節症のの治療では、薬物療法(筋弛緩薬や鎮痛剤などの投与)、理学療法(筋訓練やマッサージなど)、行動療法(歯ぎしりや噛み締め、あるいは姿勢の改善などの生活指導)、スプリント療法(マウスピースのような口内装置の装着)などがあります。

スプリント療法

マウスピース顎関節症の治療で、一般的に行われるものにスプリント療法があります。
これは、顎関節症の全般的症状改善に有効で、上顎か下顎のどちらかに「スプリント」と呼ばれる顎関節症治療用マウスピースを入れるものです。

スプリントを使うときの3つのポイント

  1. 装着の原則は寝るときだけです
    スプリントの目的は、筋の緊張を減らすとともに、睡眠時の歯ぎしりやくいしばりの軽減にあります。
    したがって、装着するのは夜寝るときだけに限定してください。日中の使用や長時間の使用は、歯科医師の指示にしたがってください。
  2. つねに清潔にしておきます
    スプリントは口の中に入れるものですから、使用後は水洗してつねにきれいにしておきます。
    熱湯につけると変形しますから注意しましょう。使用しないときは、水につけて保管しましょう。
  3. 装着したまま物を食べない
    スプリントを装着したままでの飲食はできません。飲食を行う場合には、必ず外してください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME